shopee輸出について

 

shopeeはニューヨーク証券取引所に上場した『Sea』という

シンガポールの企業が運営しています。

 

Seaは東南アジア最大のテック企業でゲーム事業が結構好調で、
デジタル金融サービス「SeaMoney」という事業や
Eコマース事業が主力事業としてあるようです。

 

shopeeはその中でEコマース事業として立ち上げられたんですね!
Eコマース事業として2015年に立ち上げられ、
立ち上げ直後はシンガポール市場をターゲットに、その後
マレーシア、タイ、台湾、インドネシア、ベトナム、フィリピンへと
事業を拡大して行ったようです。

 

Shopeeはサービス開始からわずか1年で総流通総額18億円を達成し
東南アジア圏内での総売上は1兆円(2018年)を超えている
結構すごい市場なんです。

 

また月間平均訪問者数では、
2018年6月まで1位だった「LAZADA(ラザダ)」を抜いて1位になり
また1日あたり平均140万件以上の注文数があるとも言われています。

 

今現在日本は少子高齢化が進んでおり、人口は減っている中、
世界の人口は増えているとebay輸出をやるメリットとしてお伝えして

おりますが東南アジアも例外ではありません。

 

東南アジアの人口は6億6千万人で、世界の約8.6%を占め、
EUより人口が多いんですね。

 

裕福になっている国もありますし、これから人口や経済的にも伸びていくので

ebayで世界に輸出をすることだけでなくshopeeを使って輸出をすることは

ebayを使わない東南アジアの方にリーチすることができるんですね。

 

ちなみにebayをやっていると東南アジアの方は普通に日本好きな方が

たくさんいて日本の商品を買っていきます。

 

とにかく色々売れます。

なのでshopeeにもその構図が当てはまります。

 

 

アカウント登録

 

スタートを切る上でまず始めにすることは
アカウントを登録することです。

 

ebayにebayJapanがあるのと同じようにshopeeも

shopee Japanがあります。

 

以下のページからshopee Japanのアカウント申請が可能です。
https://www.shopee.jp/

 

ただし、出店には以下の条件があります。(条件は都度変わる可能性あります。)

 

最低5商品の出品
・アカウント申請から30日以内に、5商品ページ以上を出品

・日本からの発送
・発送まで48時間
・プレオーダーですと最大10日以内まで設定できます。

・英語でカスタマー対応
 もちろんですが英語でのカスタマーとなります。(台湾は中国語となります。)

 

大まかな進めていく流れとしては・・・

①アカウント申請
②shop開設&基本設定
③商品準備や配送の準備
④出品
⑤売れたら発送という流れになります。

 

ちなみに決済受け取りプラットフォームは「Payoneer」です。
Payoneerは越境EC事業者のニーズに合わせて設計された越境ビジネスの

ための決済プラットフォームです。

 

eBayの決済にも取り入れられていて世界の様々なマーケットプレイスから

支払いを受けることができて、お得な手数料で現地通貨にて売上金を引き出す

ことができるサービスです。

 

販売金を受け取るにはセラーセンターBank Accountの画面からPayoneerの連携(注1)が必要です。

 

注1:連結には事前に以下の設定は必要です。
ビジネスアカウントのサイトにログインし「My Account」をクリック
Payment Passwordの「Set Now」をクリック
Payoneerとの連結用のパスワードをご自身で設定

 

商品が売れたら
まずshopeeに売上金が反映され、次にPayoneer口座へ移動入金し、
最後にPayoneerに紐付けてある日本の口座へ入金されます。

 

ペイオニアへ入金するタイミング

ShopeeからセラーのPayoneerアカウントの売上金の受取についてはオーダー品を

購入者が受け取りボタンを押すか、購入者に到着したことがShopeeシステム上で

判断されてから15日~30日前後となります。

 

状況により多少前後するのでキャッシュフローは注意が必要です。

既にebayをやられている方は馴染みの深いPayoneer。
Shopeeでも使うのでebayをやっていてshopeeをやらない手はないですね!
→ ebayをやっていない方はPayoneerアカウントが必要です。

 

 

準 備

 

まず配送準備をしていきましょう! 

国際郵便マイページ

 

国際郵便マイページでアカウントを作成しましょう!

これで海外に送るためのラベル印刷が可能です。

国際郵便マイページでアカウント作成を行った後は
ラベルを封入するためのパウチを事前に取り寄せる必要があります。

 

国際郵便マイページでパウチを請求できるので
事前に請求しておきましょう。

以下でやり方確認できます。

アカウント作成やパウチ請求について

 

ちなみにコロナの影響で日本郵便で発送できない国や配送方法があるため

適宜以下のページで発送できるかを確認する必要はあります。
https://www.post.japanpost.jp/…

 

基本的にはシンガポールや台湾など届きますがDHLやFedexなども

ご自身で契約するなどして併用して各国発送する必要があります。

 

またはクーリエを使える配送代行と契約して業務を

任せていくという形も一つです。

 

「クーリエ」とは・・・航空便で海外に書類や小口荷物を届ける民間の

配達サービスのこと 以下のクーリエや以下日本郵便のページも確認しながら

都度ポリシー設定 を変えることも必要なケースがあります。

 

shopeeの送料設定は、基本送料無料(Free Shipping)なので日本郵便の発送料金を

考慮して販売価格を決めますが、状況により日本郵便が使えなくなる

と言うことも可能性はあるので、適宜日本郵便の配送可能国を確認して、

万一使えなくななった場合、クーリエの送料を考慮して価格変更設定することも必要です。

 

 

リサーチ・仕入れ

 

・おすすめのジャンル・リサーチの基本の考え方
・実際のリサーチ
・仕入れ(手数料や送料など)

この3つをまず基本として共有します。

 

おすすめのジャンル・リサーチの基本の考え方

ちなみにebayで売れるジャンルにはゲームやアニメグッズなどの

マニア向けの商品があります。

 

世界へ人気ジャンルの商品を販売することは非常に良いスタートを切ることができます。

ちなみにebayをやっていると東南アジアの方にもいろんな商品が売れます。

 

シンガポール
タイ
インドネシア
ベトナム
台湾
中国
韓国

 

などなど普通にebayで購入していただけます。

なので売れた商品から関連商品などに展開していくと面白くなってきます。

 

要はebayで出品している商品を横展開(うまくやれば併売)をすればいいわけです。

さらに言うならば日本セラーも新品や無在庫をやっているのでそこまで

出品しているセラーがまだまだebayと比較して少ないです。

 

まだまだ深く開拓されてない、市場自体に伸び代があるので強いセラーの位置を築く

チャンスとも言えます。

 

リサーチの基本3種類

 

①ebayで売れているものをそのままshopeeに出品する
②shopeeで売れているものを探して真似していく
③shopeeで売れているセラーの商品を真似していく

 

ちなみに通常の商品リサーチとセラーリサーチのパターンですが

前述した通りebayでも売れているならば①の通り、同じ商品をshopeeに

横展開していったほうが効率的です。

 

ただ、shopeeは国により売れ筋が変わったり、新品が売れやすい国

中古が売れやすい国などありますので色々と見ながら、

どの国がどの商材が売れるのかを見極めていくのも一つポイントです。

 

商品リサーチ
商品リサーチはshopeeで売れているものを・・・

オフラインですと店舗や出張買取や古物市場
オンラインですとフリマサイトやオークションサイトや卸サイト
上記から商品を探していくのがまず最初の取り組みとなります。

 

セラーリサーチ

セラーリサーチは・・・

・販売数が多いセラー
・販売数が少なくても商品回転率が高いセラー

 

上記のセラーを探すのがお奨めです。

どれかをやって真似していけば良いです。

 

実際のリサーチ

リサーチの一例

shopeeから最初はなんでもいいので売れそうなwordで検索してみます。

例えばshopeeのTOP画面から「Nintendo Switch Japan」と検索。

 

たくさんのNintendo Switchの商品が検索結果に表示されます。

shopeeで売れている商品を検索してみる

 

 

さらに左側にカテゴリーや海外からのセラーなどのチェックボックスも

表示されるのでチェックを入れて検索を絞っていくと効率的です。

 

 

他にも中古や新品などもさらに絞っていくといいです。

 

 

以下は商品例ですが下にあるSold数は過去売れた商品数であり、

リサーチをする際に非常に参考になる価格です。

 

この価格以下で仕入れられれば利益が取れる可能性は高いです。

 

 

 

shopeeでも売れているかつ人気の機種や商品であれば言うことないです。

 

さらに、ebayでも売れているならばshopeeで売れなくてもebayで売ればいいのですから、

両方の視点で相場を見て仕入れられればリスクはかなり軽減します。

 

また、国内のヤフオクやメルカリでも捌けるならばもっとリスクは下がります。

仕入れは価値があるものを仕入れられればどの販路でも売ることができるし

売る力がつけばリスクはかなり下がります。

 

実際の仕入れ(手数料や送料など)

 

実際に探してみて売れていた商品や価格情報をもとに、
店舗やオークションサイトなどでリサーチ(仕入れ)をしていきます。

 

・ヤフオクで探してみる

 

例えば上記URLのヤフーオークションから商品を探して
同じ商品が見つかり価格差があれば仕入れて出品すればいいわけです。

 

基本は安く仕入れて高く売る。これが英語や中国語にになっただけです。

 

・利益計算
利益計算は実際の仕入れ料金だけでなくshopeeやPayoneerの手数料
実際の発送料、これらも考慮して利益が出るように計算が必要です。

 

またshopeeは各国のレートが適用されるのでシンガポールであれば

シンガポールドルの為替レートでしっかりと計算していくことも忘れずに。

 

ただ、現在はshopeeは手数料など維持費が無料です。

ちなみにこちら今後は上がると言われております。

 

なのでこれを書いている2022年4月時点では、Payoneeの手数料のみかかります。

 

Payoneerで発生する費用

アカウント開設には現在は特に発生しません。

Payoneerアカウントで受取った外貨を日本の銀行口座へ出金する際にだけ

約2%の手数料を加えた為替レートが適用されます。

 

なので割と普通に利益を出しやすいのが特徴です。

そのうちにセラーが増えてきたら手数料が上がっていくとは思いますので

今のうちに実績を積んでいけば後々しっかりと育ったアカウントで

手数料を取られても利益を出しやすい状況になるかと思います。

 

 

出 品

 

リサーチで出品したい商品が決まりましたら、出品してみましょう。

 

1、サインイン

shopeeにログインし画面左側の?[My Product]?をクリック。

2、「Add a New Product]をクリック

 

 

3、タイトルとカテゴリーを入力する

 

A:出品する(商品のタイトルは?120字以内?で入力。)

 

 

 

スペースは半角スペースを使用する。

商品タイトルは一例を挙げると以下です。

 

・商品名
・型番
・メーカー
・色・サイズ
・商品のコンディション(新品、中古など)
・付属品etc・・・・

 

例えば、極端な例を挙げると、CHANELの商品なのにタイトルに

「GUCCI」「HERMES」と記入するとバイヤーを混乱させるので注意しましょう!

 

出品する商品の?商品名、説明を正しく記入する。

B:カテゴリーを選択する

商品のカテゴリーを選択します。2つの選択パターンを紹介。

 

①Search categoriesで決める

例えばタイトルの下のサーチ箇所でGameと入れるとゲームカテゴリーが

表示されるので適宜選択します。

 

②該当カテゴリーを選択する

サーチ枠の下でカテゴリを選べるので適宜該当するものを選んでいきます。

該当カテゴリーが見つかったらNextで次に進みます。

 

4、写真をアップロードする

 

[+Add photos]?ボタンを押して掲載したい画像を選択すると画像が追加されます。

 

また以下サイズなどで動画も入れることが可能です。

・2MB
・8枚まで

 

動画については

・サイズ:最大30Mb、解像度は1280x1280pxを超えない
・期間:10秒-60秒
・フォーマット:MP4

 

以上のサイズや枚数となります。

 

 

最大8-9枚の画像や動画が無料でアップできます。

商品が手元にある場合は事前に写真を撮っておきましょう。

 

画像は、PCに保存されている画像、ネット上の画像どちらからでも

アップロードできます。

 

5、Product description

 

商品説明文を入力する

 

説明文が作成できます。

 

・商品詳細
・発送詳細
・支払い詳細
・同梱詳細
・関税などの注意文

 

最低限この5項目は入力しておくことをお奨めします。

最近ではモバイルでの決済も増えていることからスマホからどう見えるかも

意識して作成することもポイントのひとつとなっています。

 

※ ebayと同様に外部へ誘導するようなリンクなどは不可なのでご注意ください。

 

6、specification

 

商品に関する情報?を記入していきます。

カテゴリによって記入する項目が用意されています。

 

最低でも以下の項目だけでも入力しておきましょう。

(カテゴリによって項目は多少異なります)

 

・Brand:ブランド名
・Game Genre:ゲームジャンル

 

その他カテゴリーにより入力することで検索絞り込みや
検索上位にいく可能性があるので入力しておくことをお奨めします。

 

7、価格と個数を入力

 

商品価格は販売価格+実送料(  送料リベート)です。
(※送料リベートとは一定額以上はShopeeが送料を一部負担しているというものです。価格が

 

Shopeeが事前に定めたある一定額を越えた場合のみ送料無料となります。

一定額以下場合、送料が別途発生、送料リベートは購入者側負担となります。

 

例えばシンガポールでは購入者側は35SGD未満の商品は送料3.99ドルと表記されています。
35SGD以上の商品を購入した購入者に対して送料3.99SGDが無料になります。

 

通過は各国現地通貨になります。
例えばシンガポールの場合はSGドルです。
個数は最低1と入力しましょう。

 

 

 

8、続いて送料リベート設定や重量を入れていきます。

 

サイズは必須項目ではないです。

 

 

9、続いて商品コンディションや出荷日数を選択

 

コンディションは新品か中古を選択します。

またshopeeは基本は48時間以内に発送というところが条件ですが

予約注文という形で10日まで配送期限を伸ばすことができます。

 

ただ、、注意点としてはプレオーダー商品数の制限として
1店舗につきプレオーダー商品は100SKUまで設定できます。

 

100商品以上を超えると商品数が制限されます。

または全体商品数の20%以上がプレオーダーに設定されている場合も表示される

数が制限されます。

 

プレオーダーによる商品制限数:マレーシア1000SKU・その他のマーケット500SKUです。

 

10、List Item

 

問題がない場合は
Save and Publishにて出品完了です。

 

実際の出品商品を見てみましょう!

修正なければ売れるまで待ちましょう!

 

注!※出品禁止品

 

shopeeにはもちろんですが各国出品禁止品が定められています。

 

以下はシンガポールの一例ですがそれぞれの国で出品禁止品や

輸入禁止品、または許可証や現地のライセンスが必要な商品類が

定められていますので、例えば右記の、shopeeのポリシーページを

事前に各国確認しましょう。

 

以下は一例です。

この辺りはebayとも大体同じなので認識としてはebayやっている方はわかると思います。

 

・動物と野生生物商品
・使用済み化粧品
・偽造通貨・切手
・クレジットカード・デビットカード
・薬品・麻薬
・銃器・武器・ナイフなど(唐辛子スプレー、レプリカ、及びスタンガンも含みます)
・政府文書、IDおよびライセンス
・遺体と人体の一部
・タバコ
・電子タバコ、及び電子タバコ用アクセサリー
・猥褻、扇動的、または反逆的な商品
・盗難品
・コンタクトレンズ
・資産・サービス
・車
・電子機器-ケーブルテレビのディスクランブラー、レーダースキャナ、

 及び交通信号コントロール装置などを含みます
・医療機器・医療用品・医学的主張を含む商品
・包丁

 

ちなみに上記は変更や追加もあるかもしれないので詳しくはshopeeの

ポリシーページなどを参照ください。

 

その他航空危険物の観点としてもそもそも発送できないものがありますので合わせて

ご確認をお奨めします。

 

国際郵便として送れないもの
上記以外でも落とし穴がある出品商品があり、サスペンドなどの要因となるケースや

発送ができないケースがある商品もある可能性あるのでご注意ください。

 

 

発 送

 

まず発送において商品が売れたら梱包をします。

 

発送ラベル作成
そして海外向けの発送ラベルを作成する必要があります。

国際マイページサービスHirogeteでもラベルを作成できます。

 

国際郵便マイページでアカウント作成を行った後は以下のラベルを封入するための

パウチを事前に取り寄せる必要がありますので事前に請求しておきましょう。

 

国際郵便マイページでのパウチ発送サービスは終了しましたので、

パウチは直接郵便局でもらっておきましょう。

 

※日本郵便で発送できない国へ売れた場合はFedexやDHLなどの

民間配送業者・代行業者などを利用して発送ラベルを作成して送る必要があります。

(クーリエも事前にそれぞれの登録や梱包材・パウチなどの準備は必要です。)

 

※また日本郵便でもEMSやePacketなど様々な配送手段がありますので国により

配送手段によっては遅延なども起こる可能性があるので適宜確認しながら

選択していく必要があります。

 

ちなみに売れたらshopee管理画面Seller centreのMy Ordersに売れた商品や

購入者したバイヤーの住所などが分かります。

 

 

shopee orders画面を開いて以下の①でラベル作成時のバイヤーの住所を確認しましょう。

(電話番号も表示されているのでラベル作成時に電話番号も入れておくと良いです。)

 

・商品を梱包
・ラベル作成
・ラベルをパウチに入れる
・パウチを箱に貼り付ける
・追跡ナンバーをUP
・配送会社へ持ち込みor集荷

 

と言う流れです。

 

 

トラッキングナンバーを管理画面でUPすると、②追跡番号、③追跡状況が反映

されているのがわかります。

 

ラベル作成時にバイヤーの住所(①)を間違いなく入力して発送。

かつ追跡番号を正確にUPしましょう!

 

発送後は実際に配送完了しましたらあとは届くのを待ちましょう。

 

各社キャリアの追跡サイトに番号を入力するとアイテムの場所が分かります。

 

例)Japan Postの場合
Track & Trace Service
https://trackings.post.japanpo…

 

または以下のような追跡サイトもあります。
17 Track
https://www.17track.net/ja
(世界900社以上の運送会社に対応)

 

 

カスタマー対応

 

カスタマー対応の重要性

 

カスタマー対応は当たり前ですが重要です。

バイヤーによって考え方はそれぞれです。
その国の文化やバイヤーの特性を理解して丁寧に返信することが必要です。

 

きちんと対応しないとネガティブフィードバックをもらい、
アカウントパフォーマンスに影響がでるので注意してください。

簡単な例文から少し応用編まであるので参考にしていただければ幸いです。

 

翻訳サイト
ちなみに翻訳サイトといえばGoogle翻訳が有名ですが、

最近は以下の翻訳サイトも良いと評判です。

 

色々と比較しながら使い勝手が良い方を選択してみてください。

Google翻訳
https://translate.google.co.jp…

 

DeepL翻訳サイト
https://www.deepl.com/translat…

 

 

ちなみに・・・

shopeeはアプリでチャット機能があります。

Shopeeはこのチャット機能がポイントです。

 

 

このチャット機能を使って

即返信を心がけると受注につながるケースが往々にしてあります。

うまくshopeeのスマホアプリや、PCでも早めに回答してあげることを意識するといいです。

 

 

まとめ

 

shopeeは基本なんでもとは言い過ぎかもしれませんが、日本商品であれば

かなり売れる確率は高いです。

 

ゲームやアニメ関連、家電、オーディオなどなんでも売れます。

サウジアラビアの人から車載式の空気清浄機を12個まとめて購入

いただいたこともあります。

 

eBayと同様に無在庫から始めることができるので非常にリスクが少なく開始でき、

現時点では出品手数料などが掛らず、これから期待できるサイトなので

今のうちにセラーとしての実績を積み上げて末永くビジネスをしていく環境を

作っていきましょう。

 

・どんな商品が売れているのか
・どんなジャンルが売れているのか
・どんな商品が好まれるのか

 

この3つでうまく派生させることができればよりうまくいく可能性はあります。